防犯意識を促す東急セキュリティ。

より防犯対策をするために、東急セキュリティなどのホームセキュリティに
加えて自分たちで出来る対策も行なう事。これもまた、非常に重要なことになってきます。

空き巣は住宅の生活パターンを把握し、留守になる時間帯を狙って空き巣に入ります。
生活パターンを把握させないようにするのは困難です。それでも防犯対策として、
夜間住宅を留守にする場合は、電気代がかかっても電気を付けっ放しにする。
昼間留守にするなら、テレビを付けっ放しにする。
そういった工夫で、家が留守ではないことを空き巣にアピールする。
東急セキュリティなどのホームセキュリティに加えて、そういった工夫をすることも必要です。

また、常に防犯の意識を持つこと。多少の時間なら大丈夫、
高層階だから大丈夫とは思わず、きっちり閉めてから外出することが大事です。
他にも、ガラスを防犯ガラスにする・防犯フィルムを貼る、鍵をピッキングや
サムターン回しにする。交換をするだけで、防犯効果はあがります。
東急セキュリティなどのホームセキュリティと併せれば、より強い防犯対策となります。